新着情報・コラム

記事を書いた先生から選ぶ

佐藤先生 /  石川先生 /  東野先生 /  高橋先生 /  犬飼先生
西井先生 /  下堂薗先生 /  小田先生 /  野澤先生 /  吉田先生
馬場先生 /  田保先生 /  浅野先生

お知らせ

授業風景

イベント

コラム

プライバシーポリシー

サイトマップ

 · 

「自ら勉強のできる家庭」のキホン

◆自宅学習、できてますか?

子どもに話を聞いていると、「学校の授業がうるさくて話を聞けない」「家だと集中できない」という話をよく聞きます。

 

文句言っても仕方ないやろ!!

 

と口では言いつつ、ますます子ども達にとって勉強のしやすい、集中できる空間作りに努めたいと思う一方です。

 

 

さて、学校の環境だけはどうにもならない部分が多いですが、ご家庭での子どもの学習環境については改善できるポイントがあるかもしれません。

家庭の様子はなかなか比べられませんし、それぞれ「勉強する方法」は異なります。

ですがここは敢えて、子どもが家庭で安心して勉強するためのキホンについておさらいしてみたいと思います。

 

 

◆自宅で勉強するための「家族・家庭」

 

意外に思われた方は要注意ですが、子どもの自宅学習のために考えるべきなのは第1に本人ではなく「家族」のことです。

 

極端に言ってしまえば、もし「家族全員が毎日1時間机に向かうというルール」があれば、間違いなく自宅学習ができる状態が作れるわけです。普通そんな家庭はなかなかありませんね(笑)

ですが例えば親に読書習慣があれば子も読書するようになるのと同じで、子どもの勉強を習慣化させるのは家族の様子がどのようであるか、という部分が重要です。

 

 

□子どもたちが机に向かう時間が決まっている(習慣がある)

□1日の中に、親も子もテレビやゲームから離れ静かに過ごす時間がある

□子どもの勉強を見守る体制がある(他の用事を頼んだりしない、過度に口を挟まない)

□親の都合を優先させない

 

 

こういったことを考えなければなりません。

特に「見守る体制がある」という部分は非常に強い要素だと感じています。

例えばテスト勉強期間中に買い物や食事に出かけたり、用事を頼まれたりすると、子どもは勉強時間を失うだけではなく

「まぁ気を抜いても大丈夫か」

「家族の用事だから仕方ないか」

と考えるようになります。

そしてこうしたことが重なると、結果的に家では集中して勉強できないと感じることに繋がります。

 

逆に家族が子どもの勉強時間を尊重した行動を取ることで、子どもは安心して学習に取り組むことができ、家庭での学習習慣の確立に繋がっていきます。

 

 

勉強をさせる⇔させられるの関係では何もうまくいきません。

子どもが自ら勉強するためのサポートを全力で行なうことが、子どもにとって最大の支援になります。

 

最近では、リビング学習の際に陥りがちな状態について記事が出ていました。

 

家はぐちゃぐちゃ、親子関係も悪化… リビング学習の「落とし穴」徹底調査

※AERA dot.より

 

 

記事中で印象に残った言葉がありました。

リビング学習の本質は、関わり合いながら学習を進めること

一方的な関わりではなく「関わり合う関係」を目指すのが、家庭学習のポイントです。