新着情報・コラム

記事を書いた先生から選ぶ

佐藤先生 /  石川先生 /  東野先生 /  高橋先生 /  犬飼先生
西井先生 /  下堂薗先生 /  小田先生 /  野澤先生 /  吉田先生
馬場先生 /  田保先生 /  浅野先生

お知らせ

授業風景

イベント

コラム

プライバシーポリシー

サイトマップ

 · 

【イベントレポート 紙飛行機大実験!】

こんにちは!7月15日(土)に開催した、「鳥人間コンテスト出場者に教わる!紙飛行機大実験」のイベントレポートです。

大阪工業大学に通う学生さんから、よく飛ぶ紙飛行機の飛ばし方を教えてもらいました。

※個人の顔が写らないよう、イベント中の写真をアップロードしております。掲載を希望されない方はご連絡をお願いします。

 

最初に、先生から、大学でどんな勉強をしているのかお話をしてもらいました。先生は大阪工業大学でモノつくりの勉強をしていて、主にロボットについての勉強をしながら、鳥人間コンテストにも参加しています。

先生が作った荷物を運ぶロボットの写真を見て、子どもたちからは「どうやって荷物を運んでいるのか」「どんなものを運んでいるのか」などの質問も出ました。

また、先生が関わっている人力飛行機の写真や動画も見せてもらいました。大阪工業大学の人力飛行機はなんとプロペラ一枚だけで飛ぶそうです。中々見れないパイロットの中の映像も見れて大興奮の子どもたち。人の足で漕ぐ力と、たった一枚のプロペラで飛行機が飛ぶってすごい!

その後、先生からよく飛ぶ紙飛行機の調節の仕方をレクチャーしてもらいました。飛ばし方は、力をいれすぎないで、前に押し出すようにして飛行機をまっすぐ飛ばすことがコツだそうです。「教室の一番端の四角い的に当たった人はノーベル賞だよ」と言ったところ、何とか的に当てようと色んな折り方をしてみたり、紙飛行機の調節をしてみたり、試行錯誤する子どもたちでした。最後に一番自信のある飛行機をもって誰が一番遠くまで飛ぶか競争しました。

最後に先生に教えてもらったのは、「ジャイロスコープ」という筒のような形をした変わった紙飛行機です。投げる時にひねりながら投げると、ぎゅんと回転しながら飛んでいく面白い紙飛行機です。上手に飛ばすのが少し難しい紙飛行機なのですが、何回も飛ばしたり、重さを変えてみることで、上手に飛ばすことができました。

 

今回のイベントも沢山のご参加ありがとうございました!

次回イベントは8月4日(金)「本格!チョークアート」です。チョークアートの先生から、本格的なチョークアートを教わります。残席残り本当にわずかとなっておりますので、お早目のご予約をお願いします。詳細は下記のボタンからあすなる夏のわくわくイベントお知らせページをご覧ください。