新着情報・コラム

記事を書いた先生から選ぶ

佐藤先生 /  石川先生 /  東野先生 /  高橋先生 /  犬飼先生
西井先生 /  下堂薗先生 /  小田先生 /  野澤先生 /  吉田先生
馬場先生 /  田保先生 /  浅野先生

お知らせ

授業風景

イベント

コラム

プライバシーポリシー

サイトマップ

 · 

【イベントレポート マイクラ×思考力・ボドゲのつどい】

7月1日(土)は、お昼からマイクラ×思考力イベント、夕方からはボドゲのつどいとしてボードゲームの会を行いました!

 

マイクラ×思考力イベントは、定員を超える参加のご希望を頂き、急遽2部制に変更させて頂きました。集まった子どもたちに前後半のグループに分かれてもらい、マインクラフトで三面図パズルに挑戦するグループと、ボードゲームをするグループに分かれてもらいました。

マインクラフトは、四角のブロックを積み上げて自由に建物などを作ることができるソフトです。今回のイベントでは、思考力UPクラスでも使っている教材の「三面図パズル」に挑戦してもらいました。「三面図」とは、物を前から見た図、横から見た図、上から見た図、のことです。頭の中でその三つの図を統合して、マインクラフトで立体に起こして貰います。空間把握能力が問われる奥深いパズルです。子どもたちは楽しみつつも悩みながら一生懸命取り組んでくれました。低学年の子どもたちはお家作りにチャレンジしました。(※イベント中、写真を撮ることができなかったので、写真は普段の思考力UPクラスのものです。)

ボードゲームの方では、「ナンジャモンジャ」「ドメモ」「おばけキャッチ」のボードゲームに取り組んでもらいました。『ナンジャモンジャ』は、頭と手足だけの謎生物“ナンジャモンジャ”族12種類のカードが中央の場に次々とめくられるたびに、思い付きの名前を与え、後で同じものが出たら、その名前をいち早く叫んで、カードを獲得し、集めた枚数を競うゲームです。記憶力が問われるゲームですが、子どもでも大人でも必ず盛り上がる鉄板のゲームです!ナンジャモンジャ族一匹一匹のイラストがユニークで、「なにこれ~!」と思わず笑いが起こります。今回のイベントでも爆笑と白熱のゲームが繰り広げられました!

低学年のグループに取り組んでもらったのが「おばけキャッチ」。(写真左上)このゲームは、反射神経ゲームです。山札の一番上のカードを1枚表にして、対応するコマを素早く取った人がカードを獲得できます。こちらも盛り上がるゲームです。真剣に取り組んでくれました。

高学年のグループには「ドメモ」に取り組んでもらいました。「ドメモ」は1~7までの数字の書かれたピースのうち、自分が持っている数字をすべて当てることができれば勝ちです。数字は1なら1枚、2なら2枚、3なら3枚・・・というように、小さい数ほど数量が少ないです。相手の持っている数字と、場に出ている数字と、余っている中身の見えない数字から、自分の持っている数字を考え、当てていくゲームです。思考力、駆け引き、推理力が試されます。ナンジャモンジャとは打って変わり、場に緊張感が溢れるゲームとなりました。みんな真剣に自分の持っている手札を考えておりました。

 

ボードゲームで負けてしまって悔しい思いをした子もいましたが、それだけ真剣に、「勝ちたい!」という思いで取り組んでくれた証拠です。その気持ちを大事にしてまた遊びに来てくれたらうれしいなと思います。沢山のご参加ありがとうごさいました!

夕方からは、「ボドゲのつどい」として教室を15:00~18:00まで出入り自由で開放しました!教室にあるボードゲームで遊んだり、映画を見たりする会です。沢山の子どもたちで教室がいっぱいになりました。

大盛り上がりで遊ぶ子どもたちでした。大人も童心に返って白熱して遊びましたよ~!!

今後もまた開催予定なので、子どもだけでなく、大人なの皆さんもぜひ教室に遊びにきて下さいね!子どもたちに大人の力を思い知らせましょう・・・笑

 

どちらのイベントも、沢山の方にお越しいただいて本当にありがとうございました!

次回イベントは、7月15日(土)に「鳥人間コンテスト出場者に教わる!紙飛行機大実験」を開催します!大阪工業大の大学生さんより、よく飛ぶ紙飛行機を教わります。鳥人間コンテストのお話や、大学でどんな勉強をしているのかもお話してもらいますよ!参加ご希望の方は、定員まで残りわずかとなっておりますので、お早めにご連絡下さい!